経済規模アフリカ第3位のナイジェリア

1億9,587万人(2018年:世銀)とアフリカ最大の人口と共に経済規模もアフリカ第3位と大陸屈指の資源大国を言われるナイジェリア(ナイジェリア連邦共和国)。更に250を超える民族が暮らしていることでも知られ、使用する言語も520と言われています。ということは当然価値観、文化も多種多様を意味し、民族同士の衝突が絶えないと言われ、独立以降情勢が安定したためしがないとも言われています。2007年大統領選に当選したヤラドゥアが2010年病死したことに伴い、当時副大統領だったジョナサンが後を継ぎ、2011年の大統領選で当選を果たしました。ところが、この選挙結果に不満を持つ北部地域で暴動が発生、多数の死者と避難民を出したことは忘れてはなりません。