精神科におけるチーム医療と地域医療の推進

N病院は、精神科の新病棟設立とともにいろいろな意味での改革期を迎えています。

以前はすべて一般病棟でしたが、現在は急性期治療病棟と一般病棟、療養型病棟が運用されており、毎月数十人の入院を受け入れています。

急性期治療病棟は閉鎖病棟と開放病棟から成り、開放病棟は比較的軽症な任意入院の患者さんと、閉鎖病棟で治療後、退院の前段階として移る患者さんで構成されています。

一般病棟は、原則的に開放していますが、独自のカウンター方式を導入し、行動制限が必要な場合は、保護的に看護できるようになっています。

療養型病棟も同様に、長期療養が必要な患者さんだけでなく、うつ病や神経症の新規入院も受け入れることによって、急性期の治療費をまかなうことができるようになっています。

さらに、作業療法のプログラムも充実しており、入院患者さんの治療やリハビリテーションに役立てています。

他にもN病院では、訪問看護やデイケア、ショートケア、デイナイトケア、外来作業療法などを通じて、こころの病を抱える地域住民を支えています。

そのためN病院では、医師の他に、多数の精神保健福祉士や作業療法士、臨床心理士といったコメディカルスタッフを抱え、多角的に患者さんをサポートしています。

今後は、グループホームや共同住居を設立し、長期入院の患者さんが地域で生活できるような取り組みをしていく予定です。

こころの病を抱える患者さんを広くサポートするために、他職種と強調して仕事を行い、謙虚な姿勢をもってチーム医療のリーダーとして仕事に取り組む医師が求められています。

医師として転職活動をしている人の中には精神科の医師を目指している人もいると思います。こうした取り組みをしている病院も候補の1つとして考えてみてもよいかもしれませんね。

この情報を参考に医師求人を探してみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*